川越まつり【子どもと山車を見に行く】車は隣の駅のコインパーキングに駐車


埼玉県の実家に訪れていた日が、たまたま近くの川越まつりがやっていた日でしたので、寄って帰ることにしました

私は近くなので行ったことがあったと思うのですが、パパが見てみたいと乗り気でした(笑)

あぼーも初めての川越まつりです









川越まつりとは


川越まつりは、江戸の天下祭の影響を強く受けて発展した祭りです

精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が、蔵造りの町並みを中心にまわって行きます

2005年「川越氷川祭の山車行事」として、国指定重要無形民俗文化財となりました

川越藩主の松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進し、祭礼を奨励したことが始まりとのことです


川越まつりの見どころ


川越まつりの見どころは、やはり「山車」ということですね

毎年10月の第3週の土日に開催されるそうで、昼間の部と夜の部があるそうです


私たちは昼の最後、夕方頃に行き山車を見て帰りました

川越の蔵造り中心ということで、川越駅から本川越駅、川越市駅と中心部の中でも広範囲でお祭りになっているので、至る所にそれぞれの地区で山車を出ていました

もちろんお祭りなので屋台の数も凄い、人も凄い!


ちなみに、どこに車を駐車しようか考えたんですが、お祭りで道路が規制されている部分があるので、川越駅の1つ手前の東武東上線沿線の新河岸駅周辺のコインパーキングに車を駐車して、電車に乗ってお祭りを見に行きました

新河岸駅の普段の駐車場の混雑状況はわからないのですが、私たちが行った日はコインパーキングがほぼ満車で焦りました






お祭りの様子


川越まつりの様子はこんなかんじです

山車凄いですよね!

山車の飾りが細かく、笛などの音楽に合わせ、中のお人形さんが動いていました

これが昔からあるというのは素晴らしい☆

また、屋台もいっぱい出ていて楽しかったです




山車って結構な高さあるんですね~

そして、人の多さにも圧倒されました




2つの山車が向き合って掛け合っているところです

ちょうどいいところで見ることができました☆




なんだか真剣なうちのあぼー(笑)

なにかを感じ取っているのかな(笑)




川越まつりの山車を見た後、帰路に着いたのですが・・・

この日に一番大変だったのが、駅の規制が大変でした

そこまでひどいものではないのですが、切符売り場が大行列でした

ホームにさえ入れば電車はすいていたのですが・・・

夕方でこれということは、夜見て帰ったらもっと大変だったろうなと思いました

あぼーがもう少し大きくなって、お祭りに興味があるような年になったら、見に来てみようかな~と思います






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA