離乳食は市販品を買う派?自分で作る派?【赤ちゃんの離乳食事情】オススメの理由は!?


赤ちゃんの離乳食事情について、みなさんは自分で作る派か市販の離乳食を買ってくる派かどちらでしょうか!?

私は味付けがイマイチうまくいかないということもあり、市販の離乳食をいつも買ってきて、うちの赤ちゃんのあぼーに食べさせてます!

ただ「市販の離乳食ってどうなの!?」という意見も多いかと思うので、私なりに市販の離乳食がどうなのか安全性も大丈夫なのかまた、オススメする理由はあるのかなどをまとめてみたので紹介したいと思います☆









離乳食は買う派?作る派?


私は赤ちゃん用の離乳食は買う派なんですが・・・
やっぱり市販ってどうなの?って意見が多いと思うんです

最初は私も作ろうと食材を買ってすりつぶしたんですが・・・
イマイチ味付けができなくて美味しくないんです(ToT)

そしてあぼーは本当に離乳食を食べない子で(ToT)
スプーンを持っていくと口を閉じてしまうんですよ(´д`|||)

そうすると作るのも辛かったりで・・・

そんなときに離乳食のコーナーを見たときに市販の離乳食の種類が豊富なのをみて、試しに買ってみたんです


★こちらが買ってみた市販の離乳食です






あぼーはどうせ食べてくれないだろうし、余れば冷凍しようと思って・・・

あと防災用の避難食用に保存もしたかったので!

そんなかんじで購入してみたら・・・

あぼーが食べたんですよ~!!!

少しだけだったけど(笑)

全く食べなかったあぼーが食べたんです!!

やっぱりちゃんと調理されてるのは味付けとかも安心ですし・・・
美味しいのか食べてくれるんですね

それから私の離乳食生活が少しずつ始まりました

今回は市販の離乳食はどうなのか?

市販の離乳食をオススメする理由などを調べたので載せたいと思います!


またうちが使っているのは、市販の離乳食は、こちらの記事に載せてますので、良ければご覧ください








市販の離乳食


◎市販の離乳食は、厳格な審査基準をクリアして作って販売しています
『日本ベビーフード協議会』と『厚生労働省』による審査基準をクリアしたものが販売されています

◎基準は・・・
 ・医学的、栄養学的な適切さ
 ・製品の大きさ硬さ、形状の適切さ
 ・アレルギー物質の規格
 ・残留農薬などの化学物質基準
 ・微生物の安全性基準
 ・オーガニック食材 有機食材
 ・鉄 亜鉛 DHA

こういったものをクリアしたものしか売っていないので安心です

市販の離乳食をオススメしていることを小児科医の先生が伝えている本もあります。

『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいんです。』(工藤紀子著、時事通信出版局)


 



自分で離乳食を作ると必要な栄養素が取りづらいそうです

いくつもの栄養素を取るには食材も手間もかかります

それでもみんなママは頑張って作ってます

本当に偉いと思います

愛情も感じますが、先生方がオススメするということは、栄養を取るのは難しいということですよね

上記に書いた項目をクリアして作られている市販の離乳食は赤ちゃんに必要な栄養も取れます
味もちゃんとしてますしね

ここで私が伝えたいのは市販の離乳食が良いということよりも・・・

市販の離乳食を偏見に見ている人がいるならばそれは違いますよってことを伝えたいです

自分で作らないからと愛情がないわけでもありません

ひとつの手として考えても良いのではないでしょうか

ママも少しは楽になると思います






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA