チャイルドシート付き自転車の選び方【電動自転車が主流!?】我が家が重視した点と試乗の感想


とうとう我が家も子供を乗せられる「チャイルドシート付きの自転車」を購入しました!

子供を乗せて自転車で移動できるとお出かけの範囲も広がりますよね!

ただ、この自転車選びなのですが、我が家はいろいろとかなり悩みました!

電動アシストがいるのかや、暴れん坊のうちのあぼーをどうすれば安全に自転車に乗せることができるかなどです!

そこで、我が家がどのようなところを重視して「チャイルドシート付きの自転車」選びをしたのか紹介していきたいと思います☆









電動自転車が主流!?


そもそもチャイルドシート付きの自転車にはどんな種類があるのでしょうか?

我が家は、チャイルドシート付きの自転車を初めて買うので何にも知識がありませんでした!

普通自転車と電動自転車の違いもそこまで気にしておらず、買うのは「価格が安い普通自転車でも良いな」と思っていました!

しかし、実際に自転車屋さんに行って、お話を聞いてみるとチャイルドシート付きの自転車は「電動自転車」が主流であるとのことでした!

確かに自転車屋さんに行っても、どれもチャイルドシート付きの自転車は電動自転車ばかりで普通の自転車がありません!

カタログを見ても電動アシストが付いていない自転車は、ほとんど種類がなかったです!

それならば、普通の荷台が付いている自転車に市販で売っているチャイルドシートを付けてみれば価格を抑えられるのでは!

と思ったのですが、これも自転車屋さんの話では、「子供を乗せる場合は子供を乗せた荷重に耐えられるように設計された自転車でないと危ないですよ!」とのこと!

子供を乗せるにあたっては安全が第一なので、危ない自転車は選べないということで、その案はやめました!

チャイルドシートが付いた自転車で、価格が安い電動アシストの付いていない自転車はほとんど種類がないし、電動アシストが付いた自転車ならたくさん種類があるけど価格がかなり高いしと、どっちを選んだほうが良いのか悩みました!

それに、自転車屋さんの説明やカタログを見るだけではあまり実感がなかったこともありました!

それならば、自転車の試乗ができるところに行き、「普通自転車」と「電動自転車」の違いを体感することで、どちらの自転車が良いのか比較したうえで決めようと思いました!


普通自転車の体験


まず我が家は、「チャイルドシート付きの普通自転車」を体験してみました!

我が家がチャイルドシート付きの普通自転車を体験してみようと思った場所は、埼玉県にある「国営武蔵丘陵森林公園」です!

なぜ「国営武蔵丘陵森林公園」を選んだかというと、チャイルドシート付きの普通自転車の「レンタサイクル」があったからです!

また、大きな公園でサイクリングロードがあり、アップダウンもあるので、チャイルドシート付きの普通自転車を実体験するのに最適だと思ったからです!




チャイルドシート付きの普通自転車に実際に乗ってみた感想ですが・・・

子供の重量があるため、普通に自転車を乗る時より走り出しにふらつきが大きかったです!

馴れていないのもあるかと思うのですが、最初の1歩がふらつくので安定して走るまでが難しかったです!

こんなにふらつくようでは、人が多く、障害物も多い街中で乗ったら怖いなと思ってしまいました!

坂道は特に安定しないので自転車から一旦降りて押して歩くこともあったくらいでした!


我が家の周辺は、平坦な場所が多いので、最初は「電動アシストは無くてもいいや」と思っていたのですが・・・

「電動自転車」も検討してみるべきだなと考えました!


もし「チャイルドシート付きの普通自転車」を体験してみたいという方がいましたら、「レンタサイクル」がある公園をオススメします!

自転車屋さんだと「チャイルドシート付きの普通自転車」は種類が少ないため、取り寄せになり試乗が難しい場合もあるかと思いますので・・・

それに、道路より安全に乗れますし、子供と一緒に遊びに行くついででも体験できますからね!






電動自転車の体験


次は、「チャイルドシート付きの電動自転車」を体験した時のことです!

我が家では、自転車の試乗コースがあり、さらに無料で試乗ができる「ヨドバシカメラ」に行きました!




「ヨドバシカメラ」は家電量販店ですが、自転車も販売されていて、特に電動自転車が充実しています!

購入したらポイントも付きますし、お得に買えると思い、購入の候補に選びました!

ちなみに、我が家が行った「ヨドバシカメラ」の店舗は、東京の「マルチメディア吉祥寺」です!

自転車の専門スタッフの方もいて、どんな自転車がいいのか相談もでき、試乗の時も丁寧にお乗り方を教えてくれましたので良かったですよ☆


ヨドバシカメラでの試乗


実際に「ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺」で「チャイルドシート付きの電動自転車」を試乗させてもらった時の様子を紹介します!

「ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺」の自転車の試乗は、2階の屋外(屋根あり)にある専用コースで行うことができました!

試乗の専用コースには、ちょっとした坂道やカーブも設置されていて、電動自転車の乗り心地や運転のしやすさを体感できるようにもなっていましたよ!

試乗用の自転車も種類がたくさんあったので、希望すればいろいろな自転車を体験できそうでした!




我が家では、パパもチャイルドシートの付いている自転車に乗ることがあると思うので、ママとパパの二人で試乗させていただきました!

試乗した自転車は数種類でしたが、それぞれの特色があるので、実際に試乗すると乗ったかんじや走ってみたかんじが違いました!

また、自分たち的にはこちらの方が乗りやすいけど、子供を乗せるなら違う方がいいとか、この部分は使わなそうだからいらないかなといったものもあったので、試乗することって大事なことだなと思いましたよ!

なので、ぜひ自転車を購入する際に試乗してみることをオススメします!

お子さんがいらっしゃる場合には、実際にお子さんを乗せた状態で試乗することも大事ですよ!

カタログやネットショップで見ただけだとわからない部分も多いと思いますのでね!

また、試乗しに行くとその場で店員さんにわからないことを聞けたりもできるのが良いですよね!

我が家も自転車を購入するときには、かなり参考になったので、試乗しに行って良かったなと思いました!






試乗した電動自転車


では、我が家が試乗した「チャイルドシート付きの電動自転車」は、どんなものだったかというと・・・

「ヨドバシカメラ」で店員さんに教えてもらったのは、下記の3つのメーカーの自転車です!


☆「ヨドバシカメラ」で教えてもらったメーカー
 ・ブリヂストン
 ・パナソニック
 ・ヤマハ


この他のメーカーも「ヨドバシカメラ」にはありましたが、種類はこの3社の電動自転車が多く置いてありました!

一口に電動自転車といっても各メーカーによって力を入れて作られているところが違うため、何を重視して自転車を選ぶのかでどのメーカーが良いのか変わってくると思います!

ちなみに、私が「ヨドバシカメラ」で試乗させて頂いた自転車は「ブリヂストン」と「パナソニック」の2種類でした!

この2社のメーカーでもそれぞれ特徴が違ったので、私が試乗した2つのメーカーの「チャイルドシート付きの電動自転車」の特徴を私なりにまとめて紹介しますね☆

なお、私が試乗したのは2021年7月なのでその時の自転車の特徴となります!


ブリヂストンの電動自転車


まず試乗させてもらったのは、「ブリヂストン」の電動自転車「HIDEE.2(ハイディツー)」です!




 


主な特徴は、タイヤのサイズが大きめの26インチだということです!

チャイルドシート付きの電動自転車というと、タイヤが小さいタイプが最近は多いですが・・・

タイヤが小さいと走りにくいのではないのかなと思っていました!

タイヤが小さいタイプの電動自転車とどう違うのか体験してみたいと思い、試乗させてもらうことになりました!

試乗した感想なのですが・・・

走りやすさは、タイヤが大きいので漕ぐと速くなりやすいのかなと思いました!

ただ、やはりタイヤが大きい分、子供を乗せるとちょっとだけ安定しにくいのかなということと、自転車に乗る時に跨ぐのが大変かなという印象でした!

チャイルドシートのベルトの長さも簡単に調整することができるようになっていました!

また、前にグリップバーが付いているので、子供が安心して乗っていられるのかなかんじです!








パナソニックの電動自転車


次に試乗させてもらったのは、パナソニックの電動自転車「ギュット・アニーズ・DX」と「ギュット・クルームR・EX」です!




 


私が試乗したのは、どちらも小さいタイヤの「チャイルドシート付きの電動自転車」で、タイヤの大きな自転車より子供を乗せたときに安定していて、走り出しも快適でした!

なので、ペダルの漕ぎ始めの恐怖感も少ないかなと思いました!

ただ、今回試乗したパナソニックの2つの自転車には「チャイルドシート」に大きな違いがありました!

まず「ギュット・アニーズ・DX」は、パナソニック製のチャイルドシートで先ほどの「ブリヂストン」のチャイルドシートと同じような形状でした!

それに対して、「ギュット・クルームR・DX」は「コンビ」とコラボしたチャイルドシートとなっていました!

ベビー用品の「コンビ」とのコラボというだけあって、とても凝ったデザインのチャイルドシートです!

特にサンシェードが標準装備というところが特徴的でした!




 


コンビとコラボしたチャイルドシートは、シートベルトの留め具が股のところだけでなく、胸のところにもあるので子供が安全に乗れるようにもなっていました!

暴れん坊のうちの2歳児のあぼーは、椅子に座らせると暴れてしまうのではないかというのが心配だったので、このコンビとコラボしたチャイルドシートの方が合ってるかなと思いました!

実際に試乗したときも安定して座っていてくれたので良かったです☆




価格は、「コンビ」とコラボした「ギュット・クルームR・DX」の方が3千円程高いのことでした!

コンビのチャイルドシートがある差額というかんじですかね!




「ギュット・クルームR・EX」は、電子キーで自転車に鍵がかけられるようにもなっていました!

また、同じような仕様で「電子キー」のないタイプとして、「ギュット・クルームR・DX」もありましたよ!

自転車の鍵を「電子キー」にするかしないかで、2万円程価格が違いとのことでした!

「電子キー」は鍵を外す手間が省けるメリットはありますが、価格が高いので「電子キー」にするかどうかは好みによるかなと思いました!


結局、いろいろと試乗したり、店員さんの説明を聞いたりして、最終的に我が家が購入した「チャイルドシート付きの自転車」は、「パナソニック」のチャイルドシート付きの電動自転車「ギュット・クルームR・DX」です!

「コンビ」とコラボしたチャイルドシートが付いた「ギュット・クルームR・EX」の電子キーがないタイプになります!


 


なぜこのタイプを選んだのか、ここからは我が家が「ギュット・クルームR・DX」を選んだ決め手を載せていきますね!


購入の決め手


我が家が「パナソニック」の「ギュット・クルームR・DX」を購入した決め手なのですが・・・

このようなことが良いなと思い、購入に至りました!


☆私が購入するにあたって決め手になったこと
 ・チャイルドシートのシートベルトの留め具がしっかりしていた
 ・サンシェードが標準装備で子供の日除け対策に良さそうだった
 ・スタンドがしっかりしていて子供の乗せ降しが安全にできた
 ・ハンドルのロックがスタンドと同時にかかり安全だった
 ・タイヤが小さいので自転車への乗り降りが安定していた
 ・走り出しや上り坂の走行がスムーズにできた


まずチャイルドシートのシートベルトの留め具がしっかりしていたということについては、股のところだけでなく、胸のところにも留め具が付いていて、うちの暴れん坊のあぼーでもこれなら逃げ出さずに安心して乗せられると思ったからです!

これが我が家がこの自転車を選んだ一番の理由でもあります!

また、チャイルドシートにサンシェードが標準装備されている点も、別でチャイルドシートのカバーなどを買わずに子供の日除け対策ができるのでお得なポイントだなと思いました☆




次に、スタンドがしっかりしていて子供の乗せ降しが安全にできたということについては、スタンドが普通の自転車と違って、倒れにくい形状となっているのでチャイルドシートへの子供の乗せ降しがしやすいと思ったからです!

また、ハンドルはスタンドを立てると向きがロックされることも、子供の乗せ降しの際にハンドルが勝手に回ってしまい、自転車が倒れてしまうリスクが低くなるのでいいなと思いました!

実際に、うちの2歳児のあぼーが自分で乗り降りしたいと自分でチャイルドシートの足置きに足をかけても自転車が倒れることがなかったので、よっぽど不安定な場所に自転車を停めない限りは安心だなと感じました!

チャイルドシートに子供を乗せた状態で自転車が転倒してしまったら、大変なことになってしまうので、このスタンドの安定がしていることは特に重要なポイントですよね!




タイヤが小さいので自転車への乗り降りが安定していたということについては、タイヤが大きいと私が自転車から降りるときに足をサドルやフレームに引っ掛けてしまい、自転車を倒してしまいそうだったので小さい方がいいかなと思ったからです!

また、子供を乗せても重心が高いところにならないので安定感が増すのかなとも考えました!

それに、タイヤが小さくても走り出しや上り坂でも電動アシストでスムーズに走ることができ、それほど自転車で遠出もしないかなと思ったので、小さいタイヤでも良いかなと思い、小さいタイヤの自転車を選びました!

ただ、もしかしたら大きい方が乗りやすいとかあるかもしれませんのでこれは個人の感覚によるのかもしれませんね!




その他にも鍵を電子キーにするかどうかも、このパナソニックの自転車の場合ではありましたが・・・

価格が高くなる電子キーはいらないかなと思い、電子キーはやめました!

ちなみに、今回「ヨドバシカメラ」で見せてもらった自転車は、どのメーカーも価格に差があまりなかったので、自分の好みのチャイルドシートがある自転車を選ぶことができましたよ!






街中での自転車の乗り心地


購入した「パナソニック」の「ギュット・クルームR・DX」は、いろいろな手続きがあるとのことで後日自宅に配送してもらいました!

「ヨドバシカメラ」で試乗した際にも店員さんに乗り方や電動アシストのスイッチの入れ方、注意事項などを詳しく教えていただきましたが、自宅に配送してもらったときにも再度自転車の乗り方や動かし方などを丁寧に教えていただけましたよ!

初めての電動自転車だったのでとても助かりましたよ!

その後、街中で乗る初めての電動自転車は、ほとんど力を入れなくてもグイグイと進むのでとても快適でした!

子供を乗せているのを忘れるスイスイ進むので驚きです!

ちなみに、こちらが我が家が購入した「パナソニック」の電動自転車「ギュット・クルームR・DX」です☆




暴れん坊のうちの2歳児のあぼーもしっかりとチャイルドシートに座ってくれるので、このチャイルドシートの電動自転車を選んで良かったなと思いました!


自転車購入の感想


やっと子供と一緒に出掛けられる自転車を手に入れることができて良かったです☆

電動自転車の漕ぎやすさに感動しました☆

こんなに便利なら早く手に入れていれば良かったです!

子供とのお出かけの範囲が広がりました☆

こんなにいい自転車と出会えたのも、「ヨドバシカメラ」での試乗があったからだと思います!

店員さんが説明をしっかりとしてくれたので、電動自転車初心者の私でも簡単に乗ることができましたし、購入の際の参考にもなりました!

また、購入の際にも電動自転車の乗り方や注意事項などを丁寧に教えてくださったのでとても助かりましたよ!

やはり自転車を購入する際は、試乗してみるべきだなと思いました!


以上が我が家が「チャイルドシート付きの自転車」を購入するまでにしてみたことです!

みなさんの自転車選びの参考になれば幸いです!


※当ページの「ヨドバシカメラ」の店内の写真は、「ヨドバシカメラ」のスタッフの方に許可をいただいたうえで載せています。






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA