マガジンラックを段ボールで簡単に手作り【絵本が入るサイズ】子ども部屋に最適


私が欲しいと思っていた子どもの遊び場によくある絵本が入るような大きめの「マガジンラック」を段ボールで作ってみました

段ボールや牛乳パック、テープなどの簡単な材料さえあれば作ることができ、自分の好きな大きさやデザインに作れるのでオススメです

今回、段ボールで作ったマガジンラックは、使いやすく良いものになったので、使った材料や作り方を紹介したいと思います











マガジンラックの材料


絵本が入るサイズの「マガジンラック」を段ボールで手作りするために、このような材料を揃えました

簡単に作れるように、はさみなどで簡単に切ったりできる材料にしています


☆「マガジンラック」の材料
・段ボール
・牛乳パック
・補強テープ
・壁紙用デコレーションシート
・はさみ






段ボールは、大きめのものが良いと思います

うちはたまたま買った家具のが入っていた段ボールで作りました

補強用のテープと壁紙用デコレーションシートは100円ショップで用意できます

うちは、100円ショップのセリアで買いました

補強用のテープは、本棚が大きいものなので、3~4個ぐらいあると良いと思います


マガジンラックの作り方


絵本が入るサイズの「マガジンラック」は、段ボールを使って、このように作りました


☆「マガジンラック」の作り方


・マガジンラックの本体となる部分を作るので、段ボールをマガジンラックの本体の形に切り取ります

私は、子どもの遊びにあるような絵本が入る大きめのマガジンラックを作りたかったので、こんなかんじに切りました




・マガジンラックの前面の部分を作るため残りの段ボールで部品を作ります




・切って作った部品を組み立てていきます

どのパーツを組み立てるにも頑丈なマガジンラックとするため、補強が大事になります




・中の段差と仕切りを作ります

マガジンラックの中に段差ができるように牛乳パックや残った段ボールで段差を作りました

これで、後ろに本を入れても隠れずに見えるようになります






・補強テープで段ボールの部分を貼っていきます

段ボールが痛まないようにと、虫がわかないように補強しました


・あとは、デコレーションシートで周りに貼りつけていけば、マガジンラックの完成です








本を入れてみたかんじ


段ボールで作った「マガジンラック」に絵本など入れてみました☆

良いかんじのマガジンラックが完成しました




少し補強が弱かったせいか、本を入れ過ぎてしまうと、少し曲がってしまう部分がありました

補強をしっかりとすれば保つことができそうです

ただ、本もそんなにも重くないので、私の感覚としては、これで十分なマガジンラックだと思います


作った感想


「マガジンラック」を段ボールで作った感想は・・・

思っていたよりも見栄えも内容も良いものを作ることができました

マガジンラック本体は、サイズが大きくても段ボールなので軽くて移動にも便利です

デザインも好きな形にできるのでデザインシートでリメイクもできますしね

木製のマガジンラックより強度は弱いので移動の時などには注意が必要ですが、本もそこまで重いものではない置いておくならば簡単に壊れることもなさそうです

私的には、良いマガジンラックが作れて、良かったとも思います

みなさんも段ボールを使って、自分のデザインのマガジンラックを作ってみてはいかがでしょうか






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA