子供が遊べるレンガ風の小さなおうち【段ボールと牛乳パックで手作り】作り方は!?


今回は、家にある段ボールと牛乳パックを使い、子どもが中に入り、遊べるサイズの「小さなおうち」を作ってみました!

このブログでいつも載せている材料で作ることができ、なかなかの出来栄えでうちのあぼーも楽しそうに遊んでくれたので、作り方や作った感想などを紹介したいと思います☆









小さなおうちの材料


子どもが中に入り、遊べるサイズの「小さなおうち」は、このような材料で作りました


☆「小さなおうち」を作るための材料
 ・牛乳パック
 ・段ボール
 ・はさみ
 ・補強テープ
 ・壁紙シート


材料は、基本的には家にあるものや、100円ショップにあるもので十分作れるかと思います

レンガ風の壁紙シートは、100円ショップのものを使用しました






小さなおうちの作り方


「小さなおうち」は、このようなかんじで作っていきました


☆小さなおうちの作り方


・牛乳パックのフタをテープで留めて、箱型にします




・箱型にした牛乳パックをいくつか連結させてテープで留めます

うちでは牛乳パックを6本連結させてみました




・牛乳パックをこのように組み立てていきます

なんとなく窓のような形になりました




・牛乳パックの横に段ボールを張り付けていきます

おうちの両側の壁になります




・家らしくするために上の部分にも段ボール貼り付けます

屋根みたいな形にしてみました




・補強が大事です

倒れないようにテープでしっかりと補強し強化しましょう


・本体の骨格ができたので見栄えを整えるためデコレーションしていきます

うちではレンガ風にしたかったため、レンガ風の壁紙シートを貼り付けました

段ボールや牛乳パックの部分は、できるだけ見えないように隠したほうが見栄えが良いです


・デコレーションが終わったら、「小さなおうち」の完成です






小さなおうちの完成


完成した「小さなおうち」はこのようなかんじです




遊んでいる様子


出店のような形のおうちが完成できました(笑)

前から見ると良いかんじかと(‘◇’)ゞ

うちのあぼーは、おうちの中には入ってくれるのですが・・・遊び方が特殊です(笑)

道路のマスキングテープを貼って作った部分があるのですが、その部分にミニカーを走らせて遊んでいます

よく道路だと気づいたな~と(笑)

でも楽しそうにしてるからいっかな☆




作ったみた感想


子どもが中に入り遊べるサイズの「小さなおうち」は、土台がしっかりできれば簡単に作ることができます

デコレーションもすると見栄えもちゃんとするのでオススメです

自分用のおうちって憧れますよね☆

楽しそうに遊んでくれているので作ったかいがあります(笑)

みなさんもぜひ作ってみてはいかがでしょうか☆






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA