横浜市電保存館【昔の路面電車(ちんちん電車)が見れる】Oゲージの鉄道模型あり


今回は、神奈川県横浜市にある「横浜市電保存館」に行ってきました☆

横浜市電保存館は、横浜市電(路面電車(ちんちん電車))が展示されている施設で面白そうな場所だったので、以前から1度行ってみたいと思っていました

今回は、パパに連れて行ってもらいました











横浜市電保存館の概要


横浜市電保存館とは、横浜の市民の足として約70年間活躍した横浜市電が展示されている施設です

市電が走っていた時代を再現した内容で保存されています

館内は車両展示コーナーや歴史コーナー、鉄道ジオラマなどがあります

建物は1階のみです




「横浜市電保存館」の入場料や開館時間などは、2020年6月現在、このようになってました

☆料金
・大人(高校生以上) 300円
・3歳から中学生 100円

☆開館時間
・9:30〜17:00(入館は16:30まで)

☆休館日
・月曜日(祝日の場合は翌日)
・年末年始(12/29〜1/3)
※春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館

☆場所
・神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53








車両展示コーナー


横浜市電保存館の建物内には、実物の市電がいくつか展示されていました

まず外から見るとそれぞれ電車とは違った形をしていて、色合いも可愛らしく素敵でした☆








展示車両の中にも入れて、運転席や客席に座れます






展示車両の中で自由に動き回って、楽しんでました☆






車両展示コーナーには、所々に線路の分岐器や車両の集電装置が展示されています






車両展示コーナーには、フォトブースもあり楽しく記念撮影などもできます☆




結構インスタ映えもしたりするかもです(笑)




また、展示車両の間に休憩できるスペースがあるため、ゆっくりと見学することができます








歴史・体験コーナー


歴史・体験コーナーでは、いろんな模型が飾られていたり、写真や映像が展示されていて、横浜市電の歴史を学ぶことができます






路面電車の運転体験ができるシュミレーションもあり運転士さんになった気分になれます

しかしママとあぼーにはまだ運転が難しく、パパに任せました(笑)




歴史・体験コーナーには小さなジオラマもありました☆










鉄道ジオラマ


横浜市電保存館には、Oゲージの鉄道模型のジオラマがあります




普通にジオラマとして見れますが、1日に何回か鉄道模型の運転ショーが開催されます




鉄道模型の運転ショーは、スタッフさんが鉄道の紹介をしてくれるので、楽しく見ることができます

電車の説明の聞きながら、ジオラマを見るのもこういった施設に行かないと見れないので貴重だと思います




1歳児のあぼーも楽しそうに見てました








行った感想は


目の前で実物の市電が見れて楽しかったです☆

展示物の中に入れるのも魅力的ですよね☆

運転のシュミレーションなど面白いものもたくさんありました

スタンプラリーもあり、スタンプを集めるのも楽しかったです




休憩できるように至る所にイスやテーブルが置いてあるのもありがたかったです☆

値段もお手頃で駐車場もあるのでおでかけしやすかったです☆

ちなみに、横浜市電保存館の前にバス停もあるのでバスで来るのもオススメです♪

みなさんもぜひ来てみてはいかがでしょうか☆




※当ページの写真は、「横浜市電保存館」のスタッフの方に確認の上、載せています






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA